原因と対策を知って眼瞼下垂を予防しよう|目元を治療で美しくする

ウーマン

老化対策にヒアルロン酸

ウーマン

ヒアルロン酸注入法は、手術をしないでしわやたるみを改善したい人にお勧めです。目元にできるしわや口元にできるほうれい線をすぐに改善できます。安全にヒアルロン酸を入れるために、治療前にヒアルロン酸の特徴をよく知っておくことが大切です。

More...

若さを保つ

ドクター

しわの対策治療はいろいろなやり方があり、クリニックによって費用や時間が異なるので自分に合っているものを選択するのがよいです。人気の方法は注射によってしわの部分を膨らませる方法で数分で終わる魅力があります。

More...

ボトックスの豆知識

注射

A型ボツリヌス毒素を注射するボトックス注射は、福岡の美容皮膚科でも受けられます。ボトックス注射は表情ジワに対して効果があるプチ整形です。注射を打つだけでシワが消滅します。また、エラをなくすプチ整形や多汗症の治療もできます。

More...

簡単に持ち上がる状態に

女性たち

眼瞼挙筋の弾力

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れて、持ち上がりにくくなった状態のことです。これは、上まぶたとつながる眼瞼挙筋が、弾力を失って伸びてしまうことが原因です。長い紐でぶら下がっている荷物と同じように、簡単には引っ張り上げることができないのです。眼瞼挙筋が伸びていることが原因ですから、これは眼瞼挙筋を短くするという治療で解消可能となっています。眼瞼挙筋が短くなれば、治療後は上まぶたが簡単に持ち上がるようになります。ただし眼瞼下垂は、目元に刺激を与えることが間接的な原因となっています。眠い時や洗顔時などに目元を強くこすったりすることで、眼瞼挙筋の弾力が失われてしまうのです。したがって治療後には、眼瞼下垂の再発を防ぐために、目元を刺激から守る努力をすることが大事となります。

施術の具体的な方法

眼瞼下垂の治療は、大きく分けて2通りの方法でおこなわれています。まずは埋没法ですが、これは眼瞼挙筋の一部を糸で引っ張ってくぼませることで短くするという治療です。次に短縮法ですが、この治療では眼瞼挙筋を部分的に切り取って短くすることができます。しかし中には、眼瞼挙筋の弾力が限りなくゼロになっているという人もいます。その場合は、眼瞼挙筋をいくら短くしても、眼瞼下垂の状態はなかなか改善されません。このような重度の眼瞼下垂患者に対しては、吊り上げ法と呼ばれる治療がおこなわれます。この治療では目の上の部分にある眼瞼挙筋以外の筋膜に、上まぶたが縫い付けられることになります。治療後はその筋膜を動かすことで、上まぶたの上げ下ろしが可能となるのです。